• Home
  • ご挨拶
  • 開催概要
  • 演題募集要項
  • プログラム・日程表
  • 参加者・座長・演者へのご案内
  • 宿泊案内
  • 会場案内
  • お問い合わせ
  • 関連リンク
  • COI
  • 共催セミナー・展示・広告申込

第12回日本整容脳神経外科学会

ご挨拶

第12回日本整容脳神経外科学会(JSAN 2019)
会長 伊達 勲
(岡山大学大学院脳神経外科 教授)

 第12回日本整容脳神経外科学会(JSAN 2019)を2019年4月13日(土)に岡山コンベンションセンター(JR岡山駅隣接)で開催させていただきますことを大変光栄に存じます。例年通り、第28回脳神経外科手術と機器学会(CNTT 2019, 4月12日〜13日)と同時開催いたします。
 第11回より本会は研究会から学会になりました。これまで脳神経外科領域の整容に配慮した手術手技や機器について討論する場として重要な役割を果たしてきました。今回はテーマを「再建と整容のバランス」といたしました。頭蓋底や頭皮、頭蓋骨の大きな再建を行う場合、整容面での工夫が必要ですし、整容面ばかりを重んじると、再建が不十分になることがあります。これらのバランスについて考える機会となれば幸いです。また、CNTT/JSAN合同シンポジウムでは「頭蓋骨の再建と整容」をとりあげ、会員の先生方にお願いしたプレートや人工骨の合併症についてのアンケート結果を発表する予定です。
 特別講演では、日本医科大学形成外科の秋元正宇先生に、整容性を高めるための工夫について、形成外科ならではのテクニックをご紹介いただきます。また、教育講演では、ヘアスタイリストの山岡純三先生にヘアスタイリストからみた整容脳神経外科、というお話を伺います。髪の毛がどれほど患者さんの心理に影響を与えるかを考える機会になると思います。学会のテーマに合わせたシンポジウム「再建と整容のバランス」、および一般口演にも多くの興味ある演題がそろいました。是非、しっかり学んで、明日からの臨床に役立ててくださいますよう、お願い申し上げます。
 会場はJR岡山駅に隣接しており、大変便利な所にあります。多くの皆様が晴れの国岡山にお越しくださるのをお待ちしております。

平成31年4月吉日